ワールドトリガー最新話(170話)は移籍してジャンプSQで掲載に!

週刊少年ジャンプの中でも、人気の高い漫画であるワールドトリガーですが、170話からジャンプSQに移籍します。

つまり、ワールドトガーの最新話を読めるのは、12月4日(火曜日)発売の、ジャンプSQになります。

あわせて、ワールドトリガーの最新巻19巻も、12月4日に発売されます。

ワールドトリガー最新話170話からジャンプSQに移籍した理由とは?

ワールドトリガーはSFアクションの漫画です。近界(ネイバー)と呼ばれる異世界からやってきた、侵略者との戦いを描いた作品です。

2018年12月3日に発売されたジャンプを読んで、「あれ?ワールドトリガーがないぞ…どこへ行った?」と思われたか方も少なくないのではないでしょうか?

実はワールドトリガーは、2018年の12月以降はジャンプSQに移籍になります。

そもそもワールドトリガーは2013年から週刊少年ジャンプで掲載が始まりました。翌年の2014年にはアニメ化もされているので、その人気が伺えます。

ですが、2016年11月より、作者の葦原大介先生が体調を崩され休載が続いていました。2018年10月29日発売の週刊少年ジャンプ48号から連載が再開されました。

この時点で、ジャンプSQに移籍する事を伝えられていました。

ワールドトリガーは、再開した週刊少年ジャンプ48号から52号まで、連載されていましたが、170話以降はジャンプSQで公開される事となります。

葦原先生が「体調に気をつけて頑張ります」とコメントされている事から、の体調の問題でジャンプSQに移動になったのかもしれませんね。

なぜ移籍するのか?理由は良くわかってはいませんが、とにかくワールドトリガーが読めるなら、それに越したことはないですよね。

何れにせよ、ワールドトリガーが読めなくなったわけでは無いので、読者的にはホッとしますね。

また、2018年12月4日には、ワールドトリガーの単行本19巻が発売されます。ジャンプSQの2019年1号月号では、単行本の続きのエピソードから読めるそうです。

ジャンプSQでは、およそ40ページから50ページのボリュームになるので、読み応えがありそうですね。

12月4日発売のジャンプSQを待ちましょう!

ワールドトリガー170話のネタバレ予想はこちらご覧ください。↓

それまでの間、ワールドトリガー169話のおさらいをしておくと、より理解が深まりますよ。↓

漫画村の代わりに合法的に無料で漫画を読めるサイトとは!?

漫画を無料で読みたいけど、こんな不安がないですか?

  • 無料とはいえ、違法な方法で読みたくない
  • 無料で漫画を読みたいけどウイルス感染したくない
  • 閲覧しても法的に問題がないか心配

などなど。

どれだけ無料とはいえ、非合法な方法で読んでしまって、後々裁判沙汰になる。そんな経験はしたくないですよね。

そこで、合法的に無料で安全に漫画を読む方法があります。

それがU-NEXTです。u-nextとは日本最大級の映像配信サービスで、漫画も電子書籍で読むことができます。

31日間の無料体験期間があり、登録すると600ポイントが無料でもらえるので、気に入った漫画をすぐに無料で読むことができます。最新巻でもポイントで無料で読むことができます。

また、毎月1200分のポイントが無料でもらえるので、翌月も無料で漫画を見る事ができます。もちろん、最新巻にもポイントを利用する事が可能です。

U-nextの最大のメリット!アニメが無料で見放題!

u-nextには無料で見放題のアニメが豊富に揃っています。

例えば、ワンピース・僕のヒーローアカデミア・ダイヤのA・七つの大罪・はじめの一歩などなど。見放題の作品数は1800作品以上あり、ほとんどの人気作品のアニメを無料で見る事ができます。

最大のメリットは人気のアニメ作品は、話数に制限なく無料で見れるものが多いということです。

なので、ポイントを漫画の最新巻で使って、アニメを無料で見まくるなんて言う事もできます。

※一部のアニメ作品(290作品ほど)はレンタル作品となり別途料金が発生する物もあります。

解約はいつでもできる

お試ししてみて、合わないと感じたらいつでも解約する事が可能です。なので、無料期間中に解約すれば実質無料で、漫画やアニメを見る事ができます。

無料期間中に解約すれば月額利用料を払うことなく、漫画やアニメを無料で見る事ができます。

まずは無料お試しをしてみて、漫画やアニメを無料で楽しんでみてください。

U-nextの無料お試しはこちら↓

※本ページの情報は2018年12月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。