七つの大罪ネタバレ293話!バンの登場で起死回生か!?

2018年12月12日水曜日に発売の週刊少年マガジンに連載中の七つの大罪292話では、ゼルドリス達をもう少しのところまで追い詰めました。

しかし、原初の魔神がでてきてしまい、連合軍は不利に。原初の魔神がどような戦いを見せるかはまだ分かりません。マーリンですら弱気な発言も…。

さて、七つの大罪293話では一体どのような展開を見せるのでしょうか!?

ここでは、七つの大罪のネタバレ293話の予想と考察をしていきます。情報が得られましたら、随時更新していきます。

前回のお話をまだ読んでいない場合は、こちらをご覧ください。

スポンサーリンク

七つの大罪のネタバレ293話の予想と考察

七つの大罪292話では、エスタロッサ=マエルだったことが判明したため、終結しかけたキャメロットの聖戦は仕切り直しとなりました。

エスタロッサをマエルの仇と思っていたリュドシエルのショックは大きく、戦闘不能の状態になってしまいます。

さらに最上位魔神のチャンドラーとキューザックが融合し、二人の本来の姿である〈原初の魔神〉という、強大な魔力を持つ存在になってしまいました。

底知れぬ強さを誇るマーリンでさえ「勝機は完全に失われた」と、再び連合軍が圧倒するのは厳しいと感じているようです。

スポンサーリンク

そんなキャメロットの危機を察し戦場へ急ぐエリザベスたちの前に、煉獄から戻ったバンが合流します。

七つの大罪293話ですが、バンがどれほど速くキャメロットにたどり着くかが重要そうです。

話のタイトルになっている希望とは間違いなくバンのことです。

1000年の煉獄という過酷な時間がバンをどれほど鍛えたのか、という戦力的な期待の意味もありますし、仲間が揃うというだけでも〈原初の魔神〉登場で弱気になった心を鼓舞してくれるでしょう。

それにかつて魔神王に謀反をおこした…って大事件ですよね。

もしかしたらバンは、煉獄にいる間に〈原初の魔神〉についての情報や攻略法を耳にしてたりしないでしょうか。

キューザックとチャンドラーには弱点があったわけですし、それをそのまま引き継いでいたり…しなかったとしても、融合に乗り気じゃなかった様子からして、なにかデメリットがあるのだと思います。

それを突き止めるか、ゼリドリスが絡んできて防ぐかで、293話では混戦になるのではないでしょうか。

はたして、293話ではどのような展開を見せるのか!?非常に楽しみですね!

スポンサーリンク