恋のツキのネタバレと1巻の感想!出会いは突然、相手は高校生?

毎日マンネリ気味、でも同棲彼氏とはこのままトキメキはないものの、結婚するんだろうなぁと考える主人公。そんな時に、トキメキを与えてくれる男の子に出会います。だけど、相手はまだ高校生!

特にこれといった特技もない、アラサー女子のブレて、もがいて、それでも毎日一生懸命生きていく内容です。

正直、主人公をみていると「私なんてまだマシじゃないか!」と思って自分を鼓舞している、ちょっと歪んだ視点で私はこれを読んでいます。

だけど、案外こういうのが人間の本質なんじゃないの?

綺麗ごととか抜きで、リアルなアラサー未婚女子ってこんな面もあるよね?と感じます。少女漫画みたいにハッピーエンドじゃもう物足りないって人には是非読んで貰いたい。

そんな、恋のツキとはどんなお話なのか?1巻のネタバレと感想お伝えします。

恋のツキ1巻のネタバレ1 マンネリした毎日

冒頭で、ガチャガチャで当たりがでるまで粘る主人公ワコ31歳。この冒頭が彼女の心理をとても分かりやすく表現しています。

ワコには3年同棲している彼氏あり。

3年も同棲しちゃったらトキメキとか薄れちゃうって、頭では理解しているけど心はトキメキを求めます。

でも、同棲彼氏のふうくんは、映画館でバイトをしているワコに就職を促します。

他にもワコはふうくんの態度や言動に不満があるようで、映画館のバイト先の女の子に愚痴を言ったりします。

だけどそんな心の奥底の本音は隠したまま、いい年齢だし!こんなもんだよねで流していく毎日を送ります。

そんなマンネリした毎日に、ワコが働く映画館に、顔がタイプの男の子が映画館にやってきます。

伊古ユメアキ、15歳高校生!まだ転校してきたばかりで、映画が好きなごく普通の少年です。ワコと色々と共通点がある彼、伊古くんと出会いワコの人生が大きく揺れ動き出します。

私自身、結婚すると思ったけれど、「夫婦ってそんなもんだよ!トキメキだけじゃやってらんないよ!」でも、結婚して数年経って気づきました。

今まで興味もなかったテレビに出てくる俳優さん達に逐一ドキドキしている自分に。この自分の神髄がまさに、主人公ワコなのです。

ワコの彼氏のふう君は、確かにワコへの接し方が雑ですが、それを笑って流して、どんどん心の中にため込むワコの意思の弱さのようなものを感じました。

迷走するアラサー女子を小さくもうまく表現しています。

言えないのは、年齢とかのせいにしているけど本当は何も持っていない自分に自信が無いからなんだって気づいたのは数年経ってからですが。

まさに、私自身がワコだったのです。

恋のツキ1巻のネタバレ2 出会いは突然、相手は高校生

バイト先でお客さんとして来た男の子「伊古ユメアキくん」。彼の顔がワコのタイプでトキメきます。

伊古くんの履いていたスニーカーと自分の履いているスニーカーが同じだったり・・・

何気なく触れあった指にもドキドキします。だけど、伊古くんはまだ15歳の高校生でした。

この日伊古くんが落とした学生証を拾いますが、それを利用して伊古くんの連絡先を聞き出します。

そして、まだ転校してきたばかりの伊古くんを地元のお祭りを紹介し、一緒に行きます。

ワコはそのお祭りでもくじ引きで2等を当てます!すごい!

そのまままだ浮ついた気持ちで帰宅し、ふうくんとの生活に戻ります。

出会いって突然って言いますが、本当にこんな風に突然やってくると思います。

私もそうでした、でも大抵今の現状に何かしらの不満や不安を抱えて、打開したいと願っているときにくる気がします。

それに飛びのる事が良いか悪いかは別として・・・ワコの出会いは15歳の伊古くんですね。

だけど、ワコには同棲している彼氏がいます。浮気ってこういう些細な出会いから始まります、浮気の始まりはまだ恋愛に発展する前が一番楽しかったりしますけどね。

恋のツキ1巻のネタバレ2 浮気のはじまり

どこからが浮気?このままだと止まらなくなる、だからもう会わないほうがいい・・・

でも、私って妥協でふうくんと一緒に居る?もうお互い年だし、だけど本当に好きなのかな?」こんなことをワコは思い悩みます。

それでも、伊古くんに会いに行く自分を止められません。ふうくんにもウソをついて、伊古くんと二人きりになる場所へ行き関係を持とうとしますが、未遂に終わります。

そうした中で、ワコは今までもずっと「何をやりたい」ではなく「何をやるべき」と感じていたことに気づきます。

「そろそろ結婚すべき、正社員の仕事に就くべき、出産を考えるべき・・・」

そんな事を考えているときに、伊古くんから告白されます。

ワコは彼氏がいないとウソをついているのに・・・

31歳にもなって、何甘いことばっかり言ってんだよ!と言いたくなる気持ちもありますが!

一先ず、なんて罪深い女なんでしょうか!でも、今伊古くんと過ごす時間が本当に心の底から楽しいのは伝わりますし、非常にわかります。

この先これが続くかはわかりませんが、今この時が周りも見えない程楽しいのはわかります。

もちろんふうくんに罪悪感もありますが、ふうくんとの生活で嫌な所が今までよりも顕著になってきます。

そうなるともう止まりません、私はまっしぐらでした。

年齢の焦り、何もない自分、周りとの劣等感など若さを失うとよりハッキリとそれらは現れます、

その時、自分を持っていないとどうなるか・・・ワコは本当にリアルなアラサー女性だと感じます。

恋のツキ1巻の感想

強い女性を見て憧れるけれど、それは現実的ではない。

アラサーにもなると、今までわかってたけど後回しにしてきた事が一気に現実となって押し寄せてきます。

強がっても、もう強がることすらイタイ気がする。それがアラサー。

自分はどこに向かってるのか?知識だけ増えて頭でっかちで、動くことが鈍くなりだしている。

だけど、妥協はしたくない!ワコってすごくリアルで、ダメな奴っぷりもリアル。

だけど、そんなワコを批判すると自分の事も批判しているみたい、だから彼女がこれからどう人生を歩いていくのか一緒に見てみよう・・・。

1人じゃなかったら何故か少し勇気がでる、そしたらリアルな自分の今の生活も少しは変わるかもしれない。