火ノ丸相撲のネタバレ220話!待ちに待ったライバル対決

火ノ丸相撲219話では、火ノ丸が改めて礼奈にプロポーズをしていました。

そして次の久世との取組を前に、狩谷が久世の取組のデータを持参し激励するという展開でした。

今回の火ノ丸相撲220話は、いよいよ学生時代からのライバルである久世との一戦です!!

ここでは、火ノ丸相撲のネタバレ220話のあらすじと感想をお伝えします。

スポンサーリンク

火ノ丸相撲のネタバレ220話のあらすじ

“あの”IH団体決勝の大将戦、再び!

ついに火ノ丸と久世の一戦が始まるという事で、柴木山部屋もドタバタとしています。

あのIH団体決勝の大将戦の再現だと星野もテンションが上がります。

というのも実は星野は、あのIHを見て大相撲の火ノ丸のいる柴木山部屋に来ることを決意していたのでした。

会場も6日目だというのに観客も二人の関係を分かっていて、凄く盛り上がっています。

そしてこの取組は観客だけではなく、角界関係者も注目する一戦となっていました。

元 小学生横綱だった火ノ丸は中学で挫折も味わうも再起をかけて高校で土俵入りし、初めて敗北した相手が大横綱である大和国の息子の久世でした。

そんな久世は学生の土俵に上がってはいけないという大和国が課した禁を破ってまで高校で土俵に上がったのは、火ノ丸の相撲を見て血が騒いだからでした。

高校では一勝一敗、しかし高校時代の久世に唯一黒星をつけたのが火ノ丸です。

しかし大相撲では六度の対戦全て、久世が勝利しています。

火ノ丸は長期休場を乗り越え、大関となった久世との2年半振りの取組がついに始まります。

いやー、ついに火ノ丸と久世のライバル対決です!!2年半長かったですね。

高校時代と比べて大きく差がついてしまったようにも感じますが、ぜひ火ノ丸に健闘してほしいですね。

それぞれの勝つための課題とは?

観客が久世に向かって「大関だろ!今場所優勝しないと『大和国』の名は継げないぞ!」と叫んでいます。

地力では「体」の強さ、そして膂力が幕内で一・二を争う久世の圧倒的優位ですが、そんな久世は今場所では重圧を「心」に抱えており荒れた相撲をしています。

一方の火ノ丸は、親方も言っていた通り金鎧山戦で多彩な「技」を繰り出し、休場前よりも強くなっています。

しかし火ノ丸が大関クラスに勝つには「鬼車」を出すしかありません。

そして大相撲9月場所6日目、火ノ丸も久世も三勝二敗でこの取組負けてしまえば優勝争いから大きく後退してしまうという絶対に負ける事の出来ない一番です。

そんな大一番を前に、火ノ丸は落ち着いていました。

八艘飛びなどの技を繰り出し、「今の鬼丸なら立ち合い変化もあり得る」と思わせる火ノ丸の立ち合いに注目が集まりますが、久世は凄いオーラを放ちます。

ライバルとしても優勝を目指す上でも、大事な一戦ですね!

火ノ丸は地力で大きく不利な状況、そして久世はメンタル面に問題がありますが、それぞれどのように取組に臨むのでしょうか。

スポンサーリンク

久世は火ノ丸に対して何を思っているのか

八艘飛びや猫だましをする火ノ丸を、久世はよく思っていませんでした。

IHの時と変わってしまい拘りを捨てた火ノ丸に対して、久世は「君の生き方だ。好きにすればいい。ただもう誰にもライバルだなんて言わせない。」と強く思っていたのです。

久世は父である大横綱「大和国」がしていたように、どんな相手にも先に手を付き広く構えて待ちます。

その久世の「受けて立つ」構えに、火ノ丸も力が入ります。

火ノ丸の気迫に、少し久世は驚きます。

驚く久世をよそに開始早々、火ノ丸は久世に頭突きをします。

実は火ノ丸が復帰する事を聞きつけてから幕内上位でずっと続けていた久世は、待ちに待ったこの再戦に心躍らせるのでした。

変わってしまった火ノ丸をよく思っていない様子の久世でしたが、やはりずっと待ち望んでいたのですね。

火ノ丸の復帰が嬉しくて狩谷に電話していた描写もあり、久世にとって火ノ丸は本当に特別な存在ようです。

火ノ丸相撲220話の続きはこちら。

火ノ丸相撲220話の感想

高校時代からのライバル対決、いよいよ始まりましたね!

火ノ丸にはこの取組で、大相撲での久世からの初勝利を掴んでほしいものです。

それにこの一戦は優勝争いにも重要ですし、そしてプロポーズの翌日という事もあるので何としても勝ってほしいですね。

スポンサーリンク