ハイキュー!!ネタバレ329話の感想!勝つのは狢坂か!?

ハイキューのネタバレ記事はこちらで一挙公開中!最新話も含まれているので、まとめて読みたい方はこちらをご覧ください。↓

ハイキューのネタバレまとめ!最新話はこちらから!

前回のハイキュー328で、ついに梟谷と狢坂の試合が始まりました。実質、木兎対桐生のエース対決になりそうです。

狢坂の臼利のサーブから始まりました。

狢坂のブロックで1点。臼利のサーブが外れ、梟谷に1点。桐生のスパイクが決まり、狢坂は2点目を取りました。

梟谷1-2狢坂で、狢坂が1点リードしています。梟谷と狢坂の試合はまだまだ始まったばかり。

ハイキュー329話では、間違いなく梟谷対狢坂の戦いの話となるでしょう。ハイキュー、329話ではどのような展開になるのか?

ここでは、ハイキュー!!のネタバレ329話のあらすじと感想についてお伝えします。

ハイキュー!!ネタバレ329話のあらすじ

桐生の実力=高さとパワー?

ハイキュー329話は、狢坂の桐生八のスパイクが決まったところから始まります。

この時点で、狢坂3-2梟谷で、1点差で狢坂がリードしています。

そんな中、注目を浴びているのは、狢坂の桐生八でした。328話で圧倒的なスパイクのパワーを見せつけた桐生は、329話の冒頭からも、レシーバーを吹き飛ばすほどの、超高校級のパワーを見せつけます。

そんな桐生の試合姿を見て、観客席にいた音駒高校の孤爪研磨は、パワーだけでなく、「何気にジャンプもすごいよね」と、桐生のジャンプ力の高さも認めいます。

また、同じく孤爪研磨と一緒に試合を見ていた、黒尾鉄朗も「狢坂はフィジカルトレーニングに力を入れている」と語ります。

さらに、孤爪と黒尾と一緒に試合を見ていた、山本猛虎も「桐生は、スパイクを打つ時に、出来るだけ利き腕に体重を乗せる打ち方を意識しているらしい」と語ります。(雑誌で読んだらしいです)

そんなことから、音駒の面々は桐生のスパイクを、コースを精密に打ち分ける系のスパイクではなく、パワーを重視して打つタイプのスパイカーだと分析しています。

高くてパワーのあるスパイクを桐生。一見、とにかく打ってぶっ放して、ブロックも力づくで破るスパイカーのように聞こえます。

ただただ、力づくで相手をねじ伏せるといゆような。

ですが、黒尾はそれだけではないハズだと分析しています。

桐生の過去

黒尾の分析の後、シーンは桐生の中学2年の話に移ります。

全日本中学校バレーボール選手権大会で、初の2回戦を突破果たしたシーンから始まります。

宿泊先の就寝前に、勝利した、桐生の仲間が喜びを分かち合い、桐生のおかげだと喜び合っています。

当の桐生はというと、みんなが寝静まっても、次の試合相手の分析を行っていました。とはいえ、内心眠れないから起きていたようです。

そんな桐生を心配して、仲間が「大丈夫!桐生八は日本一のエースやけん!」と桐生に言葉を投げかけます。

そんな桐生の、対戦相手は牛島若利率いる白鳥沢学園でした。桐生も、牛島もお互いマークをされ続けるという試合でした。

しかし、試合途中、上がったトスを桐生はスパイクせずに、トスで返します。そして、桐生は牛島率いる白鳥沢学園に敗北しました。

この試合の結果を分けたのは、牛島は崖っぷちの中でもエースで居続けた事に対し、桐生はスパイクを打てずに逃げてしまったからです。

試合後、負けたことに、仲間は桐生にたいして「ごめん」と謝り続けます。ですが、桐生は自身が逃げたことに対する後悔か、「なんで謝る。謝らんでくれ」と涙します。

自分の責任と感じたのでしょう。自分が逃げてしまったから負けた。逃げずにトスされた弾は全部返して点にする。

以後桐生が、上がったスパイクは全て得点につなげるという強い思いを抱くようになった回想シーンでした。

悪玉打ちの桐生

シーンは、狢坂と梟谷の試合に戻ります。低くて打つのが難しいトスが桐生に上がります。

それを、一歩助走でスパイクし、桐生は得点につなげました。

この一歩助走というものですが、非常に難しいスパイクです。通常、バレーボールのスパイクは、助走を2歩で行う2歩助走のスパイクと、3歩の助走で行う3歩助走が普通です。

しかし、桐生の行ったスパイクは1歩助走。これは1歩助走に威力があるわけではありません。低くスパイクを打つのが難しい球になっしまったから、とっさに1歩助走に切り替えて、低い球に合わせて打ったという形です。

通常なら返すのでやっとの球だったり、打ってもたまの勢いが出ずブロックされてしまいます。そんな難しい球を、桐生は合わせる事ができ、さらにパワーで点をもぎ取れるスパイカーなわけです。

ここまで聞いたら、桐生ってどんだけスゴイスパイカーなんだ!と感じずにはいられませんね。

そんな桐生の異名が「悪玉打ちの桐生」です。

悪玉でも、パワーで点をもぎ取るだけではなく、器用さも持ち合わせている。正に桐生は三大エースの何ふさわしいでしょう。

試合ではさらに、桐生にトスがあがり、桐生は渾身のスパイクを、梟谷のコートに放ちます。

これに対しボールは、梟谷の木兎の元へ。木兎は前に出過ぎてしまい、オーバーハンドレシーブも、アンダーハンドレシーブもできない状態に。

しかし、諦めない木兎!何と胸で桐生のスパイクを受けレシーブします!

「ナイスレシーブ!!!!」そう言ったのは他でもない、木兎本人でした。

ハイキュー329話は、この木兎の胸レシーブで終わります。さて、ハイきぃー330話はどうなるのでしょうか!?

ハイキュー329話の続きはこちら↓

ハイキュー329話の感想と考察

ハイキュー329話では、狢坂高校の桐生八の秘めたる過去と、桐生の凄さがわかりました。

桐生の底力の要因は、中学時代の過去の苦い思い出にあったようです。

スパイクを打たずにトスに逃げてしまった過去。そこから腐らずに這いあがって、全国屈伸のエースに成長した桐生。

挫折から、立ち上がった桐生の力やその思いは並大抵のものではないなと、感じずにはいられません。

さて、次回ハイキュー330話ではいったいどうなるでしょうか!?続きが楽しみです。

立てていた予想

前回のハイキュー328話では、全国屈指のエース対決である、木兎要する梟谷と桐生要する狢坂高校の試合が開始されました。

狢坂の臼利のサーブから始まった試合は、328話では、梟谷1-2狢坂で、狢坂が1点リードしています。

梟谷からすると1点のリードされているだけなので、まだまだ離されているとはいえません。

しかし、328話から想像すると、なんだか狢坂が優勢のような気がしてなりません。

なぜなら、長尾のスパイクをコミットしていたからです。コミットするブロック=読んだブロックだったからです。

これは、観客席で見ていた、音駒高校の黒尾と孤爪が「コミット…」と言っているので、間違いなく狢坂は、長尾がスパイクに来ることを読んでいたのでしょう。

木兎を完全マークしていると思いきや、そうではなかった。

赤葦は、「すみません考えすぎました」と木兎に謝っていましたが、赤葦が木兎ではなく長尾にトスした理由も合理的なので間違いではありません。

だとしたら、狢坂側が完全に読んでいたとも考えられます。

その後、臼利がサーブを外して、梟谷にサーブ権が映ります。

長尾のサーブを、桐生がレシーブ。セッター臼利がトスを上げたのは…やはり桐生。

梟谷も桐生が打ってくることは分かっていました。その様子は、臼利がトスを上げた瞬間に、赤葦が「(桐生で)くる」と瞬時にコミットしていました。

しかし桐生は、赤葦・長尾・木兎の3枚ブロックをもろともせずに、ボールをコートに叩きつけます。

この時の桐生のドヤ顔には、強烈に威圧感を感じます。

長尾のスパイクを読まれ、3枚ブロックも破れた梟谷。そんな状況から329話では、やや狢坂が優勢になるのではないだろうか?とも考えられます。

また、328話の最後に、音駒の黒尾と孤爪の会話で「狢坂のセッターって有名?」と言う会話が合った事から、臼利がこれからの話のカギを握りそうです。

ほかにも、前話の最後で、やや焦った表情の赤葦。反面、余裕の表情を見せる臼利。

試合開始まえまでは、木兎VS桐生になるだろうと予想されていましたが、もしかすると、赤葦VS臼利の戦いになるのでは!?とも考えられます。

力対力の勝負ではなく、頭脳対頭脳の戦いになるのかもしれません。いや、力と頭脳が入り混じった戦いなる事も予想されます。

と、このような予想を立てていました。

予想を立てながら読むと、読む楽しみが増えますよね。当たろうが、当たるまいが、漫画にのめり込んでいく事間違いなしなので、ぜひあなたも予想してみてください。

漫画村の代わりに合法的に無料で漫画を読めるサイトとは!?

漫画を無料で読みたいけど、こんな不安がないですか?

  • 無料とはいえ、違法な方法で読みたくない
  • 無料で漫画を読みたいけどウイルス感染したくない
  • 閲覧しても法的に問題がないか心配

などなど。

どれだけ無料とはいえ、非合法な方法で読んでしまって、後々裁判沙汰になる。そんな経験はしたくないですよね。

そこで、合法的に無料で安全に漫画を読む方法があります。

それがU-NEXTです。u-nextとは日本最大級の映像配信サービスで、漫画も電子書籍で読むことができます。

31日間の無料体験期間があり、登録すると600ポイントが無料でもらえるので、気に入った漫画をすぐに無料で読むことができます。最新巻でもポイントで無料で読むことができます。

また、毎月1200分のポイントが無料でもらえるので、翌月も無料で漫画を見る事ができます。もちろん、最新巻にもポイントを利用する事が可能です。

U-nextの最大のメリット!アニメが無料で見放題!

u-nextには無料で見放題のアニメが豊富に揃っています。

例えば、ワンピース・僕のヒーローアカデミア・ダイヤのA・七つの大罪・はじめの一歩などなど。見放題の作品数は1800作品以上あり、ほとんどの人気作品のアニメを無料で見る事ができます。

最大のメリットは人気のアニメ作品は、話数に制限なく無料で見れるものが多いということです。

なので、ポイントを漫画の最新巻で使って、アニメを無料で見まくるなんて言う事もできます。

※一部のアニメ作品(290作品ほど)はレンタル作品となり別途料金が発生する物もあります。

解約はいつでもできる

お試ししてみて、合わないと感じたらいつでも解約する事が可能です。なので、無料期間中に解約すれば実質無料で、漫画やアニメを見る事ができます。

無料期間中に解約すれば月額利用料を払うことなく、漫画やアニメを無料で見る事ができます。

まずは無料お試しをしてみて、漫画やアニメを無料で楽しんでみてください。

U-nextの無料お試しはこちら↓

※本ページの情報は2018年12月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。