ドクターストーンのネタバレ85話!神腕船長、登場!

前回のドクターストーン84話では石化させた司を甦らせる為にも、石化の原因となった光の発生源を目指す為に船を造り始めました。

今回のドクターストーン(dr-sotne)85話で、地球の裏側への航海に重要となる経験豊富な船長を、復活させる事は出来るのでしょうか。

ここでは、ドクターストーンのネタバレ85話のあらすじと感想をお伝えします。

前回のお話をまだ読んでいない場合は、こちらをご覧ください。

スポンサーリンク

ドクターストーンのネタバレ85話のあらすじ

船長候補を探す方法とは?

千空は石化の光の発生源に向かうため、航海技術のある人物を甦らせる必要があります。

その為に千空は情報豊富な記者に「航海力100億の神腕船長」の情報を聞きに行きます。

千空に頼まれた記者は、候補者が眠っている小島へ千空達と共に移動する事にしました。

その道中ニッキーが現代人で帆船を乗り回していた人なんているのかと、記者に尋ねました。

記者は思い当たる人物がいましたが、思う事があり言葉を濁し誤魔化します。

小島に到着すると、記者は海洋系の学校である七海学園の先生を探し始めます。

石像発掘は力作業となる為、同行していたコハク達が凄い勢いで掘り起こします。

沢山の石像を発掘出来ましたが奇跡の洞窟が壊されてしまい復活液が残り僅かとなっているので、掘り起こした石像から復活させる人物を選ぶ事にしました。

そんな中、記者は龍水の石像を見付けました。

ストーンワールドで地球の裏側まで向かうには、かなり問題が山積みですね。

帆船が操縦出来る人なんて想像も出来ませんが、さすが記者は何でも知っていますね!海洋系の学校の先生という発想には驚きました。

龍水とはどんな人物だったのか?

コハクが記者に、龍水というのはさっき記者が言いかけていた人物ではないかと問いかけます。

それでも記者は全力で、龍水はやめた方がいいと言います。

そんな記者に千空は、腕が立つのだろう?と聞きます。

記者は、龍水とは七海学園のオーナーであるグループ総資産200兆円の海運業の王様「七海財閥」の道楽息子だと言います。

龍水は小さい頃からボトルシップを集めていたり、それでも飽き足らず本物の帆船を作らせたり、中学の時から自力で帆船を乗り回し世界中を巡っていた人物でした。

コハク達は貴重な存在だと乗り気ですが、記者はスゴ腕の帆船使いだけど性格に難があるので他の人を選ぼうかと提案します。

その話を聞いていたニッキーは、究極の二択だと困惑します。

皆が話し合っている間に、腕優先に決まっていると千空が独断で龍水を甦らせました。

やはり冒頭で記者が言いかけていた龍水を甦らせる事になりましたね!

性格は難ありのようですが、ストーンワールドは個性豊かなので大丈夫なのではないでしょうか。

実際の龍水はどんな性格なのか?

甦った途端、龍水は「世界は再び俺の物だ!」と言い、皆は啞然とします。

龍水は、甦らせた千空に小切手に100億でも200億でも好きな額を書くといいと言います。

しかし執事のフランソワの姿はなく、ようやく龍水はそういう次元ではないのだと察します。

文明が滅びたのではないかと気付いた龍水は、世界中の所有権が消えたのなら今から全てが手に入ると喜びます。

まずは服を着るように言われた龍水は、美女3人の前で無粋だったと返答し身支度を整えます。

記者の話では性格がかなり悪いのかと思いましたが、ぶっ飛んだ考え方ではありますが悪い人ではなさそうですね。

スポンサーリンク

龍水の実力とは?

龍水と共に帆船を造っている現場へ向かうと、龍水は急に気温が上がった事を感じ取り間もなくメイストームが来ると予測します。

そして龍水の言った通り、すぐに嵐が来ました。

更に龍水は、造っている帆船の木材が弱い事を指摘します。

帆船のままではなく動力を足した機帆船にするつもりだったと明かした千空に、龍水は自分が安請け合いをするようなマヌケじゃないか千空に試されていた事に気付きます。

そんな龍水は千空に『まともな燃料』を用意する事を条件に、地球の裏側まで連れていく事を約束します。

そして『まともの燃料』を用意する為に、千空達は石油を掘り出そうと意気込むのでした。

龍水は記者の話通り、凄腕の航海士のようですね。

航海士を手に入れた千空達ですが、石油を掘り起こす事が出来るのでしょうか。

ドクターストーン85話の続きが知りたい人はこちら↓

ドクターストーン85話の感想と考察

ストーンワールドの世界で地球の裏側への航海なんて無理があるのではないかと思っていましたが、さすが千空はどうにかしてくれますね。

船に続いて凄腕の航海士を獲得し、千空は実力だけでなく運も相当なものだと思います。

石油を掘り出すなんて現代でも大変な事ですが一体千空はどうやって掘り出すのか、次回が気になる展開となりました。

スポンサーリンク