ダイヤのA【151話】のネタバレ!1回の裏の攻防!

ここでは、2019年1月9日水曜日に発売の週刊少年マガジン第6号の、はじめの一歩1248話の最新話のネタバレと感想をお伝えします。

ダイヤのA150話では、沢村が何とかアウトを取りチェンジになり、渡辺が反撃の糸口を作り1点を返すことができました。

さて、ダイヤのA151話では一体どのような展開を見せるのでしょうか!?

ダイヤのA151話のネタバレ

前回の150話では、2点先制されてしまった青道ですが倉持と小湊の連続長打で1点を返しました。

今回の151話では、ノーアウトランナー2塁のチャンスを活かし逆転する事は出来るのでしょうか。

3番バッター白洲の打球の行方は?

3番バッター白洲ですが自身はアウトになってしまうものの、小湊を3塁へと進めます。

続く4番バッター御幸に期待がかかりますが、ここで榊監督がサインを出しファーボールで御幸との勝負を避けます。

そして5番バッター前園に打順が回り、由良総合のベンチから伝令が走ります。

初回の攻防から両ベンチ伝令を送るという、重要な局面を迎えています。

北方は初球から、拠り所である大きく縦に割れるカーブで攻めてきます。

初球ストライクの後、2球目もカーブを投げた北方に対して御幸が盗塁します。

前園はツーストライクと追い込まれてしまいますが、ランナー2・3塁となります。

そして北方の2球続けてのカーブに、前園は困惑しています。

逆転のチャンスの期待がかかる展開ですが、御幸は勝負を避けられてしまいました。

しかしここで前園の長打が出れば逆転どころか点差を広げ流れも掴めるところなので、ぜひとも打って欲しいですね。

ただ前園は北方の2球続けてのカーブに全く手を出さず、また3球目の球種が何で来るのかと困惑しているようなので不安な展開となってきました。

北方の勝負球

榊監督は前園の様子を見ながら指示を出し、3球目も北方はカーブを投げてきます。

何とか反応する前園ですが、セカンドの正面に打球が飛んでしまいツーアウトとなってしまいます。

榊監督は北方に、良いコースに投げられているからこそ打球は正面に飛んでいるのだから憶する事はないのだと声をかけます。

由良総合の選手達も声を出し、北方を支えます。

しかし迎え撃つ6番バッターの東条も、まだまだ流れは止めないと気合十分です。

榊監督はいつからか必死な選手の態度や仕草、表情から考えている事が手に取るように分かるようになっていました。

そんな榊監督がいい顔だと感じている北方が、またも強気にカーブで攻めてきます。

東条の打球はいい当たりでしたが、レフトフライを捕られスリーアウトとなります。

いい流れが来ていたのですが榊監督の指示、そして北方の気迫に押されてしまいました。

前園も東条も当ててはいるのですが、残念でした。

そして、この試合不調な沢村が2回表を抑えられるのか心配ですね。

両校の様子とは?

榊監督は自分の下した決断に由良総合の選手達が必死になって応えようとしてくれ、由良総合の選手達との野球が楽しくて仕方ありません。

そして榊監督は満足げに、北方によく凌いだと声をかけます。

一方の片岡監督はあと一歩のところで攻め切れなかった青道の選手達に、攻めた結果だから切り替えて次だと言います。

マウンドに向かう沢村に、川上が楽にいくようにと声をかけます。

続いて奥村がもっとだらしなく緩々の顔でいきましょうと言い、沢村を和ませます。

そして片岡監督が沢村に右手を前に突き出します。

他の仲間も拳を握る様子に、沢村は勇気づけられ左拳を胸に皆の想いを背負いマウンドに向かいます。

両校とも、監督も選手もいい雰囲気ですね。

気持を新たにマウンドに向かっている沢村も、非常にいい顔でした。

ダイヤのAの最新話を、無料で少年マガジンで読む方法

ダイヤのAの最新話を、漫画で無料で読む方法なんてあるの?と思われたかもしれません。

これからご紹介する方法は、漫画タウンや漫画村などの海賊版サイトではなく、合法的に安全に週刊少年マガジンの最新号を読む方法です。

それは、u-nextの31日間の無料体験を利用する方法です。U-NEXTの無料体験では、週刊少年マガジンの最新号も無料で読めます。

また、アニメの見放題プランがあるので、マンガを見た後にアニメも好きなだけ見る事が可能です。

ダイヤのAの最新話を週刊少年マガジンで読みたい人は、ぜひ無料体験を利用してみてください。

無料期間中に、解約しても違約金などは発生しません。また、解約方法も簡単で、無料期間中に解約をすればいっさい料金はかかりません。

ただし、無料期間が過ぎると、月額利用料がかかりますのでご注意ください。

ダイヤのA151話の感想と考察

由良総合に逆転出来る絶好のチャンスでしたが、残念ながら青道の1回裏の得点は1点だけとなってしまいました。

青道の白洲と前園と東条も果敢に攻めてはいたのですが、やはり榊監督はそう簡単に流れを変えさせてくれません。

そして北方をはじめ、榊監督に応えようと必死な由良総合の選手達も強敵ですね。

続きはこちら↓

前回のあらすじと予想

150話では『ナベチェック』というタイトル通り、偵察時の渡辺の行動が青道の猛反撃へと繋がりました。

前回と同じく、調子の良くない沢村に尚もピンチが続きます。

早く攻守交代したい沢村はダブルプレーも意識していましたが、ここはきちんと1塁へ送球し確実にツーアウトにしました。

焦っている時は悪送球になりがちなので、あの場面でもし暴投してしまっていたら大量失点に繋がる恐れもあったと思います。

沢村がダブルプレーを狙って無理をして、2塁に送球しなくて良かったです。

そして万波をチェンジアップでショートゴロに打ち取る事が出来ましたが、御幸も気付いていた通り榊監督相手ではチェンジアップも勝負球として安易に使えないようですね。

由井との投球練習を始めようとする沢村に片岡監督が水分を摂るように声をかけていたので、片岡監督はまだ沢村を交代させる気はないのだと思われます。

沢村が続投するならまずは調子を取り戻す事が先決ですが、恐らく調子が戻っても苦戦を強いられる展開となるのではないでしょうか。

由良総合に2点先制されてしまった青道ですが渡辺の先見の明により、倉持と小湊でさっそく1点返す事が出来ました。

やはり野球はチーム戦ですから、ベンチも含めて仲間の力というのは大きいですね。

151話も青道の反撃が続いてほしいところですが、榊監督はそう簡単にはいかせてくれないでしょう。

榊監督は青道が北方対策をしている事も想定し、北方にはブルペンでは投げていなかった球種があるなど意表を突いてくるかもしれません。

沢村の調子や青道がどこまで反撃出来るのか、151話の試合の行方も色々と気になりますね。

前回のお話をもう一度確認したい人はこちら↓

漫画村の代わりに合法的に無料で漫画を読めるサイトとは!?

漫画を無料で読みたいけど、こんな不安がないですか?

  • 無料とはいえ、違法な方法で読みたくない
  • 無料で漫画を読みたいけどウイルス感染したくない
  • 閲覧しても法的に問題がないか心配

などなど。

どれだけ無料とはいえ、非合法な方法で読んでしまって、後々裁判沙汰になる。そんな経験はしたくないですよね。

そこで、合法的に無料で安全に漫画を読む方法があります。

それがU-NEXTです。u-nextとは日本最大級の映像配信サービスで、漫画も電子書籍で読むことができます。

31日間の無料体験期間があり、登録すると600ポイントが無料でもらえるので、気に入った漫画をすぐに無料で読むことができます。最新巻でもポイントで無料で読むことができます。

また、毎月1200分のポイントが無料でもらえるので、翌月も無料で漫画を見る事ができます。もちろん、最新巻にもポイントを利用する事が可能です。

U-nextの最大のメリット!アニメが無料で見放題!

u-nextには無料で見放題のアニメが豊富に揃っています。

例えば、ワンピース・僕のヒーローアカデミア・ダイヤのA・七つの大罪・はじめの一歩などなど。見放題の作品数は1800作品以上あり、ほとんどの人気作品のアニメを無料で見る事ができます。

最大のメリットは人気のアニメ作品は、話数に制限なく無料で見れるものが多いということです。

なので、ポイントを漫画の最新巻で使って、アニメを無料で見まくるなんて言う事もできます。

※一部のアニメ作品(290作品ほど)はレンタル作品となり別途料金が発生する物もあります。

解約はいつでもできる

お試ししてみて、合わないと感じたらいつでも解約する事が可能です。なので、無料期間中に解約すれば実質無料で、漫画やアニメを見る事ができます。

無料期間中に解約すれば月額利用料を払うことなく、漫画やアニメを無料で見る事ができます。

まずは無料お試しをしてみて、漫画やアニメを無料で楽しんでみてください。

U-nextの無料お試しはこちら↓

※本ページの情報は2018年12月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。