ダイヤのAのネタバレ150話の感想!沢村交代か!?

ここでは、2018年12月26日水曜日に発売の週刊少年マガジン第4.5合併号の、ダイヤのAactⅡ150話最新話のネタバレと感想をお伝えします。

ダイヤのAactⅡ149話では、由良総合が2点目を追加しました。沢村は1アウトを取ったものの、まだまだ本調子ではない様子です。ダイヤのA150話ではどのような展開を見せるのか!?

ダイヤのA150話のネタバレ予想

ダイヤのAactⅡ149話では、降谷が伝令としてマウンドに向かう事により、沢村に発破をかける事で、少し調子を取り戻した様子でした。

セカンド小湊の好フィールディングもあり、ようやく1アウトは取れたものの、まだまだ沢村の調子は戻っていない様子です。

それを分かっているのか、由良総合の榊監督は、どんどん沢村と御幸のバッテリーに心理的プレッシャーをかける采配を振るいます。

149話では黙って、試合を見ていた青道サイドの片岡監督ですが、果たしてどのような采配を揮うのか?また、沢村の調子はもどるのか?この点が注目ですね。

初回から、自分の悪送球でランナーを出し、2点を先取された沢村ですが、高野球の立ち上がりではよく見られる光景です。

また、まだ1回の表であり、青道の攻撃も始まっていません。なので、焦る事はないのではないかな?と思います。

ただし、それはこの後、沢村が着々とアウトを取れたらの話です。

由良総合の榊監督は、確実に沢村・御幸バッテリーを崩しにかかっています。それに屈せずに、バッテリーが調子を取り戻せるかがカギになってきますね。

でもやはり気になるのが沢村の調子です。調子は良くない。それを片岡監督は見抜いているでしょうから、このまま調子が悪い沢村が投げ続けるとなると大量失点となることでしょう。

大量失点になると、青道サイドの士気はさがり、点がとりにくくなるでしょう。また、沢村の落胆具合にも尋常じゃなくなるでしょうね。

なので、そうならないために、早めに沢村を交代させるという事も考えられます。

現状、由良総合の5番はバントの構えを見せていますが、アウトを積み重ねるためにわざとバントをさせて2アウトにする。

ランナーは2塁に進むけど、2アウトで6番打者なので、何とかなりそうな気もしなくはないです。

いずれにせよ、この由良総合との5番との対戦がどうなるかで、行方が変わってきそうですね。

はたして、ダイヤのAactⅡではどのような展開を見せるのか!?いまから楽しみです!

前回のお話を、まだ読んでいない場合は、こちらをご覧ください。

ダイヤのA150話のネタバレ

前回の149話では、西東京大会3回戦、青道VS由良総合の試合がいよいよ始まりました。

先発の沢村はいつもと違い立ち上がり不安定で由良総合に2点先制されてしまいます。

今回の150話で、沢村は調子を取り戻し青道は悪い流れを断ち切る事は出来るのでしょうか。

尚も続く沢村の不調

1回表、由良総合はワンナウトランナー1塁です。5番バッターはバントの構えから、綺麗に沢村の前方に転がします。

すでに2点先制されていて焦っている沢村に、御幸が1塁に送球するように叫びます。

ダブルプレーが頭によぎる沢村は2塁を見つつも、ここはきちんと1塁へ送球しツーアウトにします。

5番バッターがスリーバントを決めた由良総合は2塁にランナーを進め、6番の万波が打席に立ちます。

長打もある万波に、これ以上の失点は譲れない青道は、外野を定位置よりやや前進させホームに返さない構えです。

御幸は沢村に「ボールに力が戻ってきている。ここで絶対に止めるぞ。」と声をかけます。

榊監督は万波に目一杯振ってこいと声をかけると、万波は力強いスイングで答えます。しかし初球はファールでした。

続いてストライクとファールで沢村は万波をツーストライクに追い込みます。

勝負どころの沢村はチェンジアップで果敢に攻めるも、万波は冷静に対応し当ててきます。

芯を捉えた打球はセンターに抜けそうになりますが、倉持が捕球します。

そして倉持は素早く1塁へ送球しスリーアウト。何とか1回表の由良総合の猛攻を止めました。

1回を何とか2点に抑えた沢村ですが、先輩の倉持を「洋ちゃん」と呼んでいました。

様子のおかしい沢村は、ここから立て直す事が出来るのでしょうか。

沢村の不調を青道打線は挽回出来るのか?

御幸は万波がチェンジアップに合わせてきたので、榊監督がチェンジアップを狙っていたのかと考えています。

攻守交代となり早く感覚を取り戻したい沢村は奥村に声をかけますが、奥村は川上と投球練習中でした。

沢村は奥村に何でもないと言って誤魔化し、由井に投球練習を頼みます。

1回裏の由良総合の先発は1・2回戦登板していない3年サウスポーの北方です。

榊監督の狙いはサウスポーの北方、そしてエースの東山と背番号12の大須の3人の継投で青道打線の的を絞らせないようにするようです。

しかしここから青道の反撃が始まります。

実は偵察の時に渡辺は、エースの東山や大須だけでなく12回戦は登板していない北方のブルペンのピッチング練習も撮影していたのです。

1番バッターの倉持は、気持ちが焦りいつも通りのピッチングが出来ていない沢村に対し“何点ありゃ落ち着ける…?俺たちが盛り上げてやるから、お前らしく投げろ。”と思っています。

2番バッターの小湊も沢村の不調をフォローしようと“バックアップ態勢は万全だから2点ぐらいどうってことない。”と思っています。

しっかりと北方対策も出来ている青道は倉持が右中間の強烈な当たりと俊足でスリーベースヒット、続く小湊もツーベースヒットで1点返します。

2点差の由良総合に青道は、沢村の調子も良くないので早いうちに追い付いてはおきたいところです。

さっそく倉持と小湊のヒットで1点返し、少し流れを変える事が出来ました。

続きはこちら↓

ダイヤのA150話の感想と考察

沢村は前回に引き続き、調子が良くありませんでした。

沢村も自覚はあり、周りもテンパっている沢村を気にしています。

そんな沢村を青道は、しっかり打線でフォローしました。

そして反撃の糸口となった渡辺は、本当にいい仕事をしてくれました!

由井との投球練習で感覚を取り戻し、2回表は沢村にいつもの調子で投げてほしいですね。

漫画村の代わりに合法的に無料で漫画を読めるサイトとは!?

漫画を無料で読みたいけど、こんな不安がないですか?

  • 無料とはいえ、違法な方法で読みたくない
  • 無料で漫画を読みたいけどウイルス感染したくない
  • 閲覧しても法的に問題がないか心配

などなど。

どれだけ無料とはいえ、非合法な方法で読んでしまって、後々裁判沙汰になる。そんな経験はしたくないですよね。

そこで、合法的に無料で安全に漫画を読む方法があります。

それがU-NEXTです。u-nextとは日本最大級の映像配信サービスで、漫画も電子書籍で読むことができます。

31日間の無料体験期間があり、登録すると600ポイントが無料でもらえるので、気に入った漫画をすぐに無料で読むことができます。最新巻でもポイントで無料で読むことができます。

また、毎月1200分のポイントが無料でもらえるので、翌月も無料で漫画を見る事ができます。もちろん、最新巻にもポイントを利用する事が可能です。

U-nextの最大のメリット!アニメが無料で見放題!

u-nextには無料で見放題のアニメが豊富に揃っています。

例えば、ワンピース・僕のヒーローアカデミア・ダイヤのA・七つの大罪・はじめの一歩などなど。見放題の作品数は1800作品以上あり、ほとんどの人気作品のアニメを無料で見る事ができます。

最大のメリットは人気のアニメ作品は、話数に制限なく無料で見れるものが多いということです。

なので、ポイントを漫画の最新巻で使って、アニメを無料で見まくるなんて言う事もできます。

※一部のアニメ作品(290作品ほど)はレンタル作品となり別途料金が発生する物もあります。

解約はいつでもできる

お試ししてみて、合わないと感じたらいつでも解約する事が可能です。なので、無料期間中に解約すれば実質無料で、漫画やアニメを見る事ができます。

無料期間中に解約すれば月額利用料を払うことなく、漫画やアニメを無料で見る事ができます。

まずは無料お試しをしてみて、漫画やアニメを無料で楽しんでみてください。

U-nextの無料お試しはこちら↓

※本ページの情報は2018年12月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。