ぼくたちは勉強ができないネタバレ【91話】最新話!キスの意味とは

ここでは、2018年12月10日月曜日に発売の週刊少年ジャンプ第2号の、ぼくたちは勉強ができない91話の最新話のネタバレと感想をお伝えします。

ぼくたちは勉強ができない90話では、文乃との一件が一段落しました。そうかと思ったら、今度はうるかとの急展開!

海外留学の話が出て、うるかは成幸と上手く接する事が出来なくなりましたし。さて、ぼくたちは勉強ができない91話ではどうなるのか!?

ここでは、ぼくたちは勉強ができないのネタバレ91話のあらすじと感想をお伝えします。

前回のお話をまだ読んでいない場合は、こちらをご覧ください。

スポンサーリンク

前回までのあらすじ

ぼくたちは勉強ができない90話のタイトル『汀の天才は時に嘯きながらも[x]する』という事で、汀の天才であるうるかの回となりました。

うるかは学園長に海外留学の話をされてから、成幸への気持ちに素直になる事が出来ずにいました。

このところ無理に諦めようとしていたので“成幸に一途で、照れながらも一生懸命にアピールをする不器用な女の子”という、うるかの本来の良さが失われていたと思います。

前のような感じに戻ってほしいと思っていたので、これはいい機会になるのではないでしょうか!

水泳部の二人の作戦通りとはいきませんでしたが、いい具合のアシストになりうるかの心情に少し変化が出てきましたね。

スポンサーリンク

まだ素直にはなれないものの大胆にキスをしたり、海外留学の事を告げたりと大きく動き出しました!

この様子だと恐らく、ぼくたいは勉強ができない91話の展開としては、驚く成幸をその場に残し足早にうるかは立ち去ってしまうのではないでしょうか。

残された成幸は海外留学の事や、うるかの好きな人の事を色々と考え、その後うるかに「海外留学を応援してやりたいけど、一緒に受験を頑張りたい。」という気持ちを伝えるのではないでしょうか。

そして成幸はうるかに「やれる事を全部やりきるんなら、本当は好きな人がいるならやりきった方がいい。」とも声をかけるのではないでしょうか。

そんな成幸の言葉に、前のように成幸に対して精一杯頑張ろうと、うるかはモヤモヤした気持ちを吹っ切るのではないでしょうか。

どのような展開だったとしても、ぼくたちは勉強ができない91話ではうるかにとって重要な回となると思います。

さて、真相はいかに!?

ぼくたちは勉強ができない【91話】のネタバレ

前回の90話では、うるかがプールでの一件をキッカケに成幸にキスするという衝撃的な展開でした。

今回の91話では、うるかは成幸への気持ちに素直になる事が出来るのでしょうか。

うるかの大胆キスのその後

うるかの突然のキスと「海外留学する。」という報告に、成幸は動揺します。

うるかの唇の柔らかさを思い出しつつ、それよりも「海外留学する。」という事実に驚き感嘆します。

うるかは色々と悶々としていていましたが、プールでの一件で「あたしやっぱり一番になりたい。」と決意を新たにします。

うるかは「成幸が目を離せなくなるくらい、もっといっぱい勇気をあげられるくらい今は水泳を頑張るから見ていてね。」と成幸に伝えます。

成之は、そんなうるかの様子と先程のキスを思い出して照れてしまいます。

一方うるかも、勢いにまかせてキスしてしまった事を照れています。

成之がうるかにキスの話題を振ると、うるかは照れ隠しで「練習だって。海外じゃ普通の挨拶だよ。」と必死に誤魔化します。

本来のうるかに戻ってきて、良かったです!

うるかには、あまり先の事ばかり考えずに純粋な気持ちで頑張ってほしいですね。

キスの影響を受ける成幸の様子とは?

後日うるかが智波とあゆ子に報告すると「海外でも普通ほっぺたでしょ。大胆。」と、からかわれてしまいます。

しかし智波とあゆ子は、よく頑張ったとうるかを褒めます。

一方成幸は緒方うどんで理珠と勉強をしていますが、ぼーっとしてしまいます。

そんな成幸の様子に理珠がどうしたのかと尋ねると、やっと我に返った成幸は理珠と二人きりという事実に気付きます。

変に意識してしまっている成幸は、理珠に漢字を聞かれます。

その漢字の問題が「アイサツ」「セップン」「キス」だったので、成幸は余計に動揺してしまいます。

成幸の様子がおかしいので熱でもあるのかと思った理珠は、額を当てて体温を測ります。

額を合わせた事で更にパニック状態になってしまった成幸は、理珠の鞄を落としてしまいます。

理珠の鞄から心理学の本が出てきたので成幸は、うるかも文乃も理珠も夢を追っているのだなと改めて感じます。

うるかを意識してしまうという展開かと思いきや、理珠とのツーショットとなりました。成幸は過敏反応状態ですから、理珠はかなりチャンスですね。

成幸の心の内とは?

成幸が進路に迷ったりしないのかと理珠に問いかけると、理珠は「迷いません。誰が何と言おうと自分の決めた道を行きます。自分の人生ですから。」と即答します。

その様子に理珠らしさを感じ成幸が笑い出すと、理珠は「疲れているようだったら無意識状態で悩みを吐き出しましょう。」と催眠療法を試そうと5円玉を通した紐を取り出します。

最初は信じていない二人ですが、あっという間に成幸は催眠術にかかってしまいます。

理珠が悩みを問いかけると「やりたい事に向かっている皆が輝いて見える。ただ俺には何もないから寂しい。」と成幸は言います。

本当にやりたい事はないのかと理珠が聞くと「それを選ぶと人に迷惑がかかるから、俺が頑張らなきゃ。」と成幸は呟きます。

「じゃあ私に甘えてみればいいじゃないですか。」と理珠は成幸を抱きしめます。

そして成幸が目を覚ますと理珠の部屋に寝かされていて、傍らで理珠が着替えようとしていました。

いつも周りを気遣い自分をあまり出さない成幸ですが、やはり色々抱えていたようです。

ひょんなことから、そんな成幸の心の内を知る事になった理珠はこの後どうするつもりなのでしょうか。

ぼくたちは勉強ができない91話の感想と考察

うるかが自分の気持ちに素直になろうという前向きな展開でした。

このまま、うるかが距離を詰めるのかと思いましたが理珠の話に変わってしまいました。

そして人の心があまり分からない理珠が、成幸の心の内を知るという面白い展開となりました。

スポンサーリンク